ウォーターサーバーの魅力

実際にウォーターサーバーを利用している人はどんな点に魅力を感じているのでしょうか。
ここで、ウォーターサーバーのメリットをいくつか紹介しましょう。
まず、水は冷水だけでなく、温水もすぐに飲むことができるのは大きな魅力です。
ミネラルウオーターかRO水というろ過した水なので、おいしい水が簡単に飲めるというわけです。
冷蔵庫に水を冷やし忘れていても大丈夫ですし、寒い冬にはやかんでお湯を沸かさなくてもコーヒーやお茶など温かい飲み物がすぐに飲めるのは非常に便利です。
ミルクを求めて突然泣き出した赤ちゃんに対しても、瞬時にお湯が出るのですぐに対応できますし、なにより安全です。
これらはウォーターサーバーが24時間温度調節をしているからできるのですが、電気代が掛かるという点はウォーターサーバーのデメリットといえます。
でも、電気代は業者や使用回数などにより異なりますが月1,000円程度と電気ポットを利用した際とほとんど変わりません。
夏場には水分を摂る回数が増えるので冷蔵庫がミネラルウォーターのボトルに占領されるという家庭も少なくないようですが、ウォーターサーバーがあればそんなこともありません。
ウォーターサーバーに使用するボトルのラインナップは10〜20リットルがほとんどです。
水の配達はひと月に2本というシステムを採っている業者が多いのですが、それであれば常にひとつのボトルが備蓄されていることになり、災害時などの水の確保が常時可能になるというメリットもあります。

重いミネラルウォーターのボトルを持ち運びする必要がないという点は、実際にウォーターサーバーを利用している人たちが皆メリットとして挙げる事柄です
ミネラルウォーターの箱を抱えて駐車場からマンションの部屋まで持ち運びするのは大変ですが、ウォーターサーバーの水は宅配が基本、自宅に届けてもらえます。自宅にウォーターサーバーを設置するのも安心ですね。
店まで行くクルマのガソリン代や手間と時間などを考えると、ウォーターサーバーを利用するほうが便利といえます。

一人暮らしのウォーターサーバーの選び方

一人暮らしのウォーターサーバーの選び方についてここでは見ていきますが、もともとウォーターサーバーといえば、飲食店、病院や銀行などで使用されていましたから、一人暮らしの家庭にはどんなものを選べばいいのでしょうか。家族の人数が多ければボトルの大きさは大きい方が便利ですが、一人となると、一度開けたら早めの飲みきることができなければ風味も落ちてしまいますので、その点のデメリットがありますから、あまり大きなボトルではいけないのです。
小さめのボトルを用意してくれているところを選ぶことがいいでしょう。2週間以内に飲みきることができるようなサイズを選ぶのがいいでしょう。そして女性の一人暮らしの場合はボトルの取替が大変ですから軽めのボトルで取替がしやすいものを選ぶのも重要です。
そして一人暮らしですから出来るだけ場所をとらないサーバーを選ぶといいでしょう。一人暮らしの部屋はそれほど広くはないと思いますので、置けないと思って諦める人もいますが、卓上のウォーターサーバーなども今はありますので、そうしたものを選ぶと設置することができます。予備のボトルのサイズもあまり大きくないものを選びましょう。そしてひとり暮らしの場合はもう1つ確認すべきことがありました。それは、水の利用のノルマです。サーバーのレンタル料金を無料にしているところによくあるのが、無料にしている代わりにノルマがあることがあります。本数の条件をクリアしなければサーバーの利用料金が無料にならないなどのノルマを設けているところもありますので事前にチェックしておきましょう。サーバー代金が最初から掛かるところはその分は水の料金を抑えているというメリットもありますので総合的に考えると安くなることもあります。
長い目で見て、総合的に考えて、どれがいいのか、それをしっかりと考えることが重要です。無料という言葉につられていると実際は高くつくこともあるのです。
【PR】人気の№1フレシャスウォーターサーバー